« 『オリバー・ツイスト』 | トップページ | お知らせなど »

『ミュンヘン』

1972年ミュンヘンオリンピック開催中、パレスティナゲリラによるイスラエル選手団の人質殺害事件が発生。これに対し、イスラエル政府は報復としてパレスティナのテロ指導部11人の暗殺を決定、その為のチームを編成する…。

ミュンヘンオリンピックで起こった悲劇の知られざる後日談(“神の怒り作戦”というらしいです)をモチーフにした、スピルバーグ監督最新作。

主人公はイスラエル情報部“モサド”の一員でこの任務のために籍を抹消、家族とも離れ、暗殺対象を探して欧州中を巡る事に。彼を含むスペシャリスト5人のチームが一人また一人と対象をしとめていく過程が抑えた演技・画面で綴られていきます。

ロケーション、セット、衣装、ハデ過ぎない演技派の役者たち…とかなり水準の高い要素が揃っていました…が、一部の脚本や演出の為か、私としてはどうもチグハグ感が募ってしまいました。

序盤のリアルなタッチから半ばドキュメンタリー的な構成で貫かれるのかと思いきや、暗殺の手口がどうにもチープ(報復としての演出効果も考慮、という風に言ってはいましたがそれでも…)だったり変にドラマチックなシーンが挿入されたり…で、どっちへ行きたいのかな~と。

何より、一人の暗殺者が心に抱える矛盾と葛藤を描くぶんにはまだしも、実際の民族・宗教的対立問題を下敷きにしている以上もっと双方の視点が入っても良かったのではないかと思うのです。途中で偶然パレスティナ工作員と(身分を隠して)意見を交わすシーンがあったっきりでしたし。(その後運命の悪戯的に暗殺現場で出くわし、殺し合う皮肉的描写があるものの、これがまた上記のドラマチック過ぎやしないかという部分の一つでもあって…むむ)

基本的に標的以外の巻き添えは出さない(=無差別テロではない)という方針も途中から有名無実化し、敵味方とも死に過ぎていよいよ泥沼化…主人公も結構な人数を殺した段階でもうイヤだ、となる訳ですが観る側としても「そりゃ当然そうなるでしょ…」な流れでしかなく、「反戦」というメッセージをこちらの心に刻み付けるまでには至りませんでした。

長さの割にそれが苦にならず、集中を切らす事無くすんなり観終えられただけに、勿体無いなぁと感じる部分がかえって強く印象に残ってしまいました(^^;

どうもスピルバーグ監督で、直接的な人間同士の殺し合い描写を含む作品はひっかかる事が多いような。徹しきれないのでしょうか?

« 『オリバー・ツイスト』 | トップページ | お知らせなど »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ミュンヘン』:

« 『オリバー・ツイスト』 | トップページ | お知らせなど »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ