« 『県庁の星』 | トップページ | 『ジャーヘッド』 »

『機動戦士ZガンダムⅢ -星の鼓動は愛-』

“新訳”Zガンダム完結編。遂に訪れた「誰も知らないラスト」!!

…と言うほど、実は変わっていたわけではありませんでしたが。強くこう感じたのも、Ⅱが富野監督ならではの超編集(笑)で話の繋がりがかなり変更されていたので、全体のラストも下手をすると「宇宙世紀の歴史が大きく書き換えられるぐらいになるんじゃ?」とまで勝手に想像してしまった自分のせいですな(^^;

全てを観終えた今にして思うと、いじっていじって物語をを変える、というよりは、まずカミーユについてのあの新ラストありき、でそこに向かってそこまでを改変していったのだな、と。

Ⅲではラストまでの流れがTVと大きくは変わらないので、最後を少しだけ変えたような印象を持つかもしれませんが、三部作を通じて観れば少しずつあのラストに向けての布石が置かれていた事が判ります。

…まぁ、カミーユがTV版よりも「素直な性格」になっているのは『Ⅰ』の時にも書きましたが、加えて『Ⅱ』でのフォウの最期が違うので、彼はTV版と明らかに異なり「復讐の連鎖から解き放たれている」のです。ここが一番大きな、新ラストへの伏線といえるかもしれません。

このためか、終盤の有名な劇場のシーンにおける彼の台詞も完全に変わっており、ますますなるほど~、と。…まぁ「良い子」になったぶん、カミーユ自体の印象はやや薄めというか、切り替え(特に女性関係・ぉ)の早さの方が目立ちましたが!

そんな中『Ⅲ』で一番印象の強いのは間違いなくハマーン様でしタ。あと三部作通じて株上げまくり、なエマさんでしたが極まってました(^^; なかなか凶悪なまでのアピールっぷりでしたよ…ドキドキ。

くどいようですがTV版未経験者には絶対オススメできません…が、ファンの期待は決して裏切らないデキになっていたと思います。私はDVD三部作BOXが出る事を予測して「待ち」に徹する事にしますが、TV経験者で劇場版未見の方はDVDで『Ⅰ』『Ⅱ』を観てでも是非ッ!?

 

…余談ですが、『Ⅱ』で池脇千鶴さんだったサラの声が、何故か『Ⅲ』で更に島村香織さんという方に替わってました…いやー何があったんでしょうね!?(^^;

« 『県庁の星』 | トップページ | 『ジャーヘッド』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『機動戦士ZガンダムⅢ -星の鼓動は愛-』:

» 【劇場鑑賞21】機動戦士ZガンダムⅢ A New Translation −星の鼓動は愛− [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
「ハマーン・カーン!貴様は、戦いの源を生むだけだ!」 戦士たちよ・・・ 戦いはいま、終焉を迎えるときが来た 誰も知らないラスト・・・新訳Z(ゼータ)完結編。 [続きを読む]

« 『県庁の星』 | トップページ | 『ジャーヘッド』 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ