« PS2『キミキス』(2) | トップページ | PS2『キミキス』(3) »

映画『V フォー・ヴェンデッタ』

「神は、雨の中にいる」

『マトリックス』シリーズのウォシャウスキー兄弟が脚本(+製作)を手がけた、アメコミを原作とする作品…という事が実にどうでもいいほど作品そのものが面白かったです。

アメリカさえも植民地と化した第三次世界大戦後の近未来、独裁国家となったイギリスに現れた仮面のテロリスト・“V”(ヴィー)。圧政に苦しむ市民解放のため国家に対して戦いを挑む闘士である一方、怨念に取り憑かれた復讐鬼でもある男。その正体は、真の目的は…、という物語。

原作を知らずに観に行ったのですが、当初の予想とかなり違っていて、良い意味で完全に裏切られました。予告編から、あのヘンな仮面で無茶アクションかますケレン味たっぷりのお安い映画なのでは、とつい高をくくってしまっていたのですが、いや失礼致しました><

あの仮面は、400年前に圧政を敷く英国家転覆を狙って国会議事堂爆破を図るも果たせず、無念の死を遂げた一味の一人・ガイ=フォークスを模した物で、まさに「反逆」の象徴。ガイの精神に倣い、事件当日と同じ11月5日に共に蜂起せよ、と民衆に呼びかけるわけです。

“V”が仮面をする理由は他にもあり、これは彼の復讐鬼としての面に強く関わってきます。彼の超人的身体能力の理由もこちら側にあり、「革命の闘士」「復讐鬼」両面で彼の素性・目的が明らかになるに連れ、この作品が決して最初に感じたような、見た目のインパクトやケレンだけの浅薄なものではない事が解ってきます。

ここで評価したいのは“V”を演じたヒューゴ=ウィービング。仮面越しでありながら“V”という人物の感情、ともすれば「表情」さえもこちらに伝わってくるかのような見事な演技だったと思います。

ナタリー=ポートマンも予想以上に良かったです。当初巻き込まれる形で“V”に関わる事になってしまったヒロイン・イヴィーが、投獄生活を経る中で反逆精神に目覚め、真実に触れる事で新生していく様はかなり見応えがありました。中盤でのロリ姿には笑いましたけど(^^;

単純な勧善懲悪ではないこの作品は、悪政に対するテロは「正義」なのか、また対テロ政策が行き過ぎた場合これを正すのがまた「力」であって良いのか等々、といった事を観る側に考えさせうる力を持っています。その辺があまり押し付けがましくなく、上等のサスペンスとアクションによって引き込む形で「ちゃんとエンターテインメントしている」点が、私がこの作品で最も気に入った所です。

“V”を追う内に「真実」を知る事になるフィンチ警視や、ある意味物語の最重要人物である女性・バレリーのくだりもお気に入り。随所に入る古典や映画の引用なども、ちゃんと相応しい状況で意味の通るものばかりで、エピソードや台詞に無駄の無い、かなり計算し尽くされた脚本なのだという事が伺われて感心すると共に勉強させて貰いました。

 

とかく血生臭く&暗くなりがちな復讐ネタを、きっちり「娯楽」に仕上げるという点で、本作や先のアニメ『ガンソード』は参考になりました。私もひとつ復讐ネタを考えているので…っていつ描けるんだろう。あわわ…。

« PS2『キミキス』(2) | トップページ | PS2『キミキス』(3) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『V フォー・ヴェンデッタ』:

« PS2『キミキス』(2) | トップページ | PS2『キミキス』(3) »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ