« 映画『かもめ食堂』 | トップページ | 映画『小さき勇者たち ~ガメラ~』 »

映画『ブロークン・フラワーズ』

「自分が何をしているのか、わからなくなってきたよ」

2005年カンヌ映画祭グランプリ作品。

主人公は数々の浮名を流したのもすっかり過去の話となった中年ドン・ファン、ドン=ジョンストン(ビル=マーレイ)。

未だ独身の彼の元に、突然「19歳になるあなたの息子がいます」との匿名の手紙が舞い込み、(異常におせっかいな隣人の助力もあって)該当しうるかつての恋人たちを訪ねる旅に出る事に…というストーリー。

ていうか該当者が5人ですか…うらやまs。 いえいえ。

冗談はさておき、個人的には久し振りに劇場でジム=ジャームッシュ監督作品を観たわけですが、良い意味で裏切られました。

『ストレンジャー・ザン・パラダイス』『ナイト・オン・ザ・プラネット』等ではクールな演出や画面の取り方(“余白の美学”と言われてますね)で入って、そこにひとつまみの調味料的にユーモアや悲哀を含ませていく感じでしたが、徐々にそのバランスに変化が生じ、今作ではユーモアから入ってクール(というよりもドライさ)を経て悲哀に至る、という形に?

こう書くと自らのオリジナルを崩していったようにも見えますが、これがどうして、紛れも無いジャームッシュ色に! 上記のような話を並みの監督が撮るとただのコメディにしかならない所が、“場の空気”といったものを丁寧に落とし込む作りで、ちゃんとドラマにしている点が見事かと。

しかし、今回はなんと言ってもビル=マーレイにつきます。一昨年の『ロスト・イン・トランスレーション』でも“中年の危機”にまつわる役を見事に演じて評価を高めた彼ですが、今回はまた更に。全編を通じてポーカーフェイスでありながら、その背後に生じている思いの複雑さをきっちり表現していて感心しきり。

「疑問」に明確に過ぎる「解答」を用意するよりも…といったラストは、個人的にはかなり好みで、観た後にあれこれと考えを巡らせるのが楽しい類の映画でした。

このラストに顔を出す“ある人物”の素性をパンフレットで知り、その皮肉(?)に思わず爆笑、というサプライズも伴った、愉快な作品でした。

 

 

関係無いんですが、昨夜辺りからまた何度かPCがフリーズする事態が…(汗)。夏までには資金を貯めて、まとめて新調しようと目論んでいるのですが、何トカそこまでもっておくれ~。あわわ。

« 映画『かもめ食堂』 | トップページ | 映画『小さき勇者たち ~ガメラ~』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ブロークン・フラワーズ』:

» ブロークン・フラワーズ/BROKEN FLOWERS [我想一個人映画美的女人blog]
2005年カンヌ国際映画祭グランプリ獲得! というと期待しちゃうけど、 ジョニーデップの「デッドマン」はじめ、今まで苦手なのが多かった ジム・ジャームッシュ監督の、長編としては6年振りの新作 というのもあって、超・満員のマスコミ試写室。。。 5月公開を前に、ひと足早く観てきました〜{/shootingstar/} official siteトレーラーあり この白髪頭がトレードマーク。ジム・ジャームッシュ 最近、「�... [続きを読む]

» 哀愁 『ブロークン・フラワーズ』 [多趣味ですがなにか問題でも?]
さてさて、「ブロークン・フラワーズ」を観ました。 老いてしまった元プレイボーイの [続きを読む]

» ブロークン・フラワーズ [シアフレ.blog]
ゆったりと流れるように淡々と物語が展開され、70年代風のエチオピア音楽をBGMに、オフビートな雰囲気と独特な心地よさがある作品です。 虚無感と哀愁漂う主人公ドン・ジョンストンを演じているビル・マーレイの、静かで味わい深い演技は見所です。... [続きを読む]

» ナイト・オン・ザ・プラネット [DVD Check]
ナイト・オン・ザ・プラネット [続きを読む]

« 映画『かもめ食堂』 | トップページ | 映画『小さき勇者たち ~ガメラ~』 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ