« 映画『トリック 劇場版2』 | トップページ | 映画『インサイド・マン』 »

映画『間宮兄弟』

「…この文章、8つの“ない”が隠されてるんです」

江國香織の同名小説を原作とした、森田芳光監督の最新作。見るからにパッとしない“マニア”兄弟の、ささやかながらもどこか微笑ましい日常風景。

近年の森田作品では殆ど見られなくなっていたコメディタッチ…というかほのぼのテイストの作品で、なんとも懐かしい雰囲気。正直『模倣犯』辺りで「ここまでか…」とも思ったのですが(失礼)、少し安心しました。

佐々木蔵之介と塚地武雄、というキャスティングの勝利。特に塚地は彼以外では成り立たないのではというシーンが多々あり、ともすると観る者にとって気持ち悪くなってしまう役を絶妙の温かみを含ませて演じ、好感の持てるものにしていました。

キャストと言えば、女性陣が常盤貴子・沢尻エリカ・北川景子・戸田菜穂、とまるで私がキャスティングしたみたいなところがズラリ。特に、間宮兄弟と好対照を成す本間姉妹を沢尻・北川って…なんて危険な姉妹なんでしょうかッ(ぉ!!

の使い方も面白くて、間宮兄(佐々木)の身体は少し動かす度にパキポキ鳴ってるし、兄弟の母親役の中島みゆきの瞬きにいちいちSEがついたり、で映像作品ならではの楽しさを味わいました。

間宮兄弟は勿論本間姉妹の描写も合わせて、あー兄弟って良いなーという気にさせてくれる作品です。…ただ、間宮兄弟の仲の良さはいささかオカシイので(笑)、まんま見習う事は遠慮したいのですがッ。日常に潜む“おかしみ”の拾い方等、参考になる部分も多い映画でした。

 

私は3人兄妹の真ん中なので、物語の中で各々の立場に立ちながら観る事が出来たのですが…なんだかこそばゆい感じがしましたねーイロイロと「わかるわ~(^^;」という所が多くて(笑)。

« 映画『トリック 劇場版2』 | トップページ | 映画『インサイド・マン』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

で、最も重要と思われる
常盤貴子嬢の眼鏡についての
コメントが見当りませんが?

>よしだやさん
 
 Σ °°( □ )ア゛ーーーーーッ!!
 
 こッ、これはぬかりました…|||orz
 そうそう、常盤貴子がまたナイス眼鏡だったんですヨ!
 小学校の先生役だったのですが「いまいちドンくさい演技」がこれまた素晴らしくて、大変愛すべきキャラクターになっていました。
 惜しむらくは肝心な所で眼鏡を外しているシーンが多かったり(浴衣の時トカ…)終盤殆ど出番が無くなってしまった事でしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『間宮兄弟』:

» 江國香織【間宮兄弟】 [ぱんどら日記]
映画化されて話題になった作品。主人公は恋愛ベタの兄弟。2人とも30代独身。 映画では、兄の「明信」を佐々木蔵之介が、弟の「徹信(てつのぶ)」をドランクドラゴンの塚地武雅(つかじ・むが)が演じた。このキャスティ... [続きを読む]

« 映画『トリック 劇場版2』 | トップページ | 映画『インサイド・マン』 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ