« 野球観戦「西武-中日」(6月13日) | トップページ | PS2『キミキス』(7) »

映画『ポセイドン』

「…彼は天才だ」

言わずと知れた往年のパニックムービーの名作・『ポセイドン・アドベンチャー』のリメイク。

……とされていますが、その実殆ど別物。津波を受けて転覆、上下の逆転した豪華客船ポセイドン号からの脱出劇、とおいう大枠はそのままに、登場人物や途中で起こるトラブル・脱出経路等、細部は一切が新しくなっています。

オリジナル、特にジーン=ハックマン演じる牧師が好きだったので、大きく一新される上にペーターゼン監督と聞いて、事前の期待値はかなり低かったのですが…。これが想像以上に楽しめました

この手の映画を観ていて、その…思う事ありませんか? 「いいから早くしろよ」と。せっかくのフィクションなのだからドラマを盛り込むのはむしろ普通で、観る側もあえてそこはツッコまないのが作法(笑)ではありますが…。それが本作では、そういうツッコミを入れている隙は全くと言って良いほど有りません。

開始10分で船がひっくり返った後は約90分間ノンストップ、最後までリアルタイムで脱出劇が展開されます。確かに、実際にこうした「一刻も早く脱出するしかない」状況に追い込まれたら、いちいち立ち止まって語り入れてる余裕は欠片も無いと思いますし、そういう意味では非常にリアルです。

登場人物たちにはそれぞれのプロフィールもあるのですが、そこの掘り下げも無しで、会話の端々に匂わせる程度に留めます。むしろそれぐらいで丁度良いと思えるほど、全体のテンポは殺される事無く進んで行きます。

殊更に観る者の心に訴えかけようという「ドラマ」は廃し、突然の災害をいかにして乗り越えて生還するかの危機感・緊迫感を描く事に徹した事で、かえって観る側の興味を絶えず引き込む事が出来ているかと。98分という、近年の大作系では格段に短い上映時間も、これ以上だとさすがに疲れる事は必至と思われますので、この場合適切だったと思います。

ドラマがほぼゼロなので“何かが後に残る”といった事はまず無いのですが(苦笑)、観ている間は絶えずハラハラドキドキ、良い意味で正しいジェットコースタームービー(※誉め言葉)と言えるでしょう。

何か映画でも観たいけど長くて重たいのはヤだなー、と思ったら今はまずコレが丁度良いのでは、という感じです。むしろ大きなスクリーンと良い音響で観る事で、かなーり楽しめる筈ですよ? DVCよりも…いえいえ。

 

それにしてもリチャード=ドレイファス、スピルバーグの諸作品で馴染み深いですが、いやー久し振りに見たら一層老けちゃってましたね~(^^;

« 野球観戦「西武-中日」(6月13日) | トップページ | PS2『キミキス』(7) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

うぁ~確かに「いいから早く逃げろっ」と思う人間なのでそういうのが廃されてるのはちょっと見てみたいなぁ・・旧作をみていないのでそういう意味では普通に楽しめるでしょうし(笑

問題は時間があるかどうか。

>月咬君
 
 この作品に対する批判の殆どは旧作との比較に基づくものなので、
 正にもってこいかもしれません。
 出来の良いセット…と惜しげ無くそれをブッ壊す迫力(笑)は
 なかなかオススメです。
 
 ネタが『海猿』と被るせいもあってか、随分苦戦しているようで…。
 あえてやや好意的に書いてみましたー(^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ポセイドン』:

» ポセイドン [シカゴ発 映画の精神医学]
 「ダ・ヴィンチ・コード」は期待はずれだったが、「ポセイドン」も同じくら い期待はずれであった。  「キング・コング」「オーメン」「悪魔の棲む家」「ザ・フォッグ」「要塞 警察」「ディック&ジェーン」「アルフィー」「ゲス・フー」等々。  最近のリメイクブ....... [続きを読む]

« 野球観戦「西武-中日」(6月13日) | トップページ | PS2『キミキス』(7) »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ