« 野球観戦「サンヨーオールスターゲーム第1戦」(7月21日) | トップページ | 映画『デスノート』 »

映画『バルトの楽園』

「祖国が見える…」

日本で初めてベートーヴェンの「第九」が演奏された時の出来事と、そこに至るまでの経緯を描いた物語。

第一次大戦中、徳島県鳴門市に実在した板東俘虜収容所。中国・青島要塞戦で敗れたドイツ人捕虜を収容したこの場所では、人道主義を貫く松江豊寿(とよひさ)所長の指導により捕虜と地元民との文化的・技術的交流が進められ、両者の育んだ友愛の精神がやがて「交響曲第九番・歓喜の歌」という形で鳴り響く…。

失礼ながら、当初は「マツケンバンザーイ」なスター映画なんじゃないかと気にしていなかったのが、チケットショップでの異常な安さ(笑)と、共演のブルーノ=ガンツの為に、まぁ観に行ってみるかーと…(ぉ。後で反省しましたが

勉強が足らないため、この「第九」初演にまつわるエピソードを私は全く知らなかったのですが、(史実との細かな差異にも惑わされず)かえって素直に物語を味わう事が出来ました。

序盤は林家正蔵の妙に軽いナレーションとドイツ青年兵の(ナゼか日本語の)モノローグ、流石に綺麗事に過ぎる所長の物言いに興をそがれましたが、物語の展開と共に気にならなくなりました。まぁ、正蔵のナレーションは無くし、青年兵のドイツ語モノで併せて語らせれば良いのに、とは今でも思いますが。

所長の言行に関しても、彼の出自(会津)について語られる事で納得できました。(※ただ、後に史実では彼自身は斗南は経験していないと知ってちょっとガッカリ。しかし尺に限りのある映画ではそうした方が説得力が増していたのは確か。)

青島での戦争・坂東に統合される前の収容所生活の劣悪っぷりの描写がちゃんとあるため、板東に来て以後の、ドイツ兵達が人間性や生活力を取り戻していく過程がより鮮烈に映ります。

特に判りやすかったのはカルルという青年で、当初は脱走かなり反抗的でしたが、脱走時に怪我の手当てをしてくれた地元民の優しさに感じ入って自ら戻る→与えられた製パンの仕事にやりがいを感じ出す(彼は元パン職人)→戦死した仲間の忘れ形見(日本人との混血!)を前にして…(出来ればその目で確かめて頂きたい)、という具合。

これは余談ですが、名前のあるドイツ兵達は脚色は勿論あるものの皆実在の人物だそうで、このカルルも、後に(バームクーヘンで有名な)ユーハイムを興した人物なのだそうです。この手のトリビアが多い映画でもありますね(^^;

上記の忘れ形見の少女を演じたのが大後寿々花ですが、やっぱり可愛いですね~(ぉ。さておき彼女が出てくる辺りが大きなターニングポイントで、登場人物たちが彼女をどう扱うか、という所が作品のテーマをかなり判り易く示してくれます。

中盤以降は、どちらかというと松江署長の蒔いた種がどう芽吹いていくかの過程を目の当たりにする形になるのですが、これが非常に心地良いテンポで織り上げられていきます。

ラストの「第九」演奏のシーンは素晴らしく、編集の巧みさもあってそれまでのドラマが一気に収束を見せ、非常に感動的な仕上がり。気持ち良く観終える事の出来た映画でした。

 

一晩経って思い返すと、「第九」初演シーンで使用されていたのはカラヤン指揮による音源。「第九」最高の演奏音源で、という意図だったのでしょうが…。劇中、当時の日本しかも板東では用意できない楽器もあってオーボエをオルガンで代用(!)したり、混声合唱であるコーラス部分を(ドイツ人捕虜には男性しかいないため)男声合唱に編曲し直すなど、当時の限られた状況の中で何トカ「第九」演奏を実現しようと工夫を凝らすシーンがあるのです。

コレを踏まえると、なるべくその状況を再現した「第九」を聴いてみたかったなぁ、と。上記のような形だと、おそらく普段我々が耳にしているものとは大きく印象が異なる筈。その上で、「初演時はきっとこんな感じだったんだろうな…」と思いを馳せる事も出来ただろうと思いますし。

そこに気付いてしまった為にちょっと残念な気持ちが湧いてしまいましたが、意外な(失礼)良作でした。

« 野球観戦「サンヨーオールスターゲーム第1戦」(7月21日) | トップページ | 映画『デスノート』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『バルトの楽園』:

« 野球観戦「サンヨーオールスターゲーム第1戦」(7月21日) | トップページ | 映画『デスノート』 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ