« 映画『ブレイブストーリー』 | トップページ | 映画『劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE』 »

映画『轟轟戦隊ボウケンジャー THE MOVIE 最強のプレシャス』

「なんでえ、ちゃんと判ってんじゃねえか」

すっかり恒例となった、夏の戦隊劇場版。今年は30作記念という事で何らかのサプライズはあるのかな~、と思いつつ。

「強き方よ、素晴らしい古代の宝を受け継いでください」という謎の少女・ミューズからの呼びかけに応え、敵味方入り乱れての争奪戦が始まる…というお話。

タイトルを挟んでの戦闘シーンは敵勢力も全て絡んで(現時点で実に4勢力もいます)、かなり派手になっていて見応えあり。ただ、彼らの出番はそこで終わってしまうので「争奪戦」という意味ではやや物足りず。まぁ尺の問題もありますし、あまり話を複雑にするわけにもいかないので、ここは仕方ない所でしょう。

むしろそうする事で話の比重をレッド=明石暁とその父親・虹一に置く事ができ、しかもこの部分がなかなか面白かったのでこれは正しかったのではないかと思います。というか虹一役の倉田保昭氏が一番美味しい映画(笑)。

長年に渡って日本を代表するアクション俳優の一人で、しかも国内作品では東映作品が殆ど、という倉田氏ですが、意外にも(?)ライダーや戦隊のような特撮ヒーロー物への出演は今回が初めてだそうで(確かに覚えがありませんね…)。アクションは少なめでしたが存在感は抜群で、出番も終始あって単なるゲスト以上の活躍を見せてくれました。

今のところ劇場版のみ、の登場ロボ(というか合体パターン)・6号機~10号機合体のダイタンケンの印象はそこそこ。2台以上のロボの大合体(既に10機合体のアルティメットダイボウケンが在り)の持つインパクトには正直ちょっと及ばない気が。後から2号ロボ的な存在が出てきた事は異色といえば異色ですけどね。

30作記念という事での大仕掛けは特にありませんでしたが、スピーディーな展開ながらも混乱する事無く、今回シナリオ上メインであるレッドの見せ場もしっかりしていて(親子シーンでの○○丸出しがある意味一番、でしたが…・笑)楽しませてもらいました。

 

この劇場版と前後して、TVシリーズの方でもピンク=さくら嬢がイイ感じになっていくのも個人的にはポイントかと思われますが(ぉ?

…でもやっぱガジャ様の空気っぷりにはかないませんか…(^^;

« 映画『ブレイブストーリー』 | トップページ | 映画『劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

倉田氏は『闘え! ドラゴン』の主役なので
(厳密には)ヒーロー物初出演ではないよーな・・・?

・・ってウワッ、姑のような嫌なツッコミ!

>みついひろゆきさん
 
確かに厳密には、おっしゃる通りになりますね。
言い訳しますと、私がここで言いたかったのは「変身や
メカの要素が入るタイプのヒーロー物」には、という意味
でして…。
倉田氏のインタビューでも「私は基本的に、今までこの
ような作品に出演した事がなかったんです」という言葉の
“基本的に”というのはそういう事だろうなあと。
ずっと生身でのカンフーアクションでやってきた方ですし。
ライダーや戦隊のような、と書いたので伝わるかと思って
いたのですが、我が身の文章力の不足を痛感します><
 
まぁ『闘え! ドラゴン』の敵描写や音楽(菊池俊輔)等を
考えますと、ノリはかなり紙一重ですよねえ(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『轟轟戦隊ボウケンジャー THE MOVIE 最強のプレシャス』:

» 映画 DVD 気ままなブログに気ままに観に来てください。 [映画 DVD 気ままなブログ]
日本映画や海外映画、ドラマのジャンルを問わずに気ままにピックアップしています〜よかったらこれから見ようとしている映画やDVDの参考にしてください。 [続きを読む]

« 映画『ブレイブストーリー』 | トップページ | 映画『劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE』 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ